心のケアについて

人気の理由は

医者

現代人は、さまざまな不安や悩み、苦しみといったことを抱えながら日々の生活を維持しているだろう。その結果、抱えきれない問題やアクシデントによって心に不調をきたしてしまうこともよくあるようだ。そんな時に利用するのが「心療内科」であるのかもしれない。心療内科は横浜をはじめ日本全国でも増加傾向にある診療部門であり、それは世の中が心の問題への認知や理解が深まるにつれそうなってきたと考えられる。そこで横浜での心療内科が人気の理由についてみてみよう。心療内科では、心の悩みを聞くだけでなく、患者のペースで自立支援なども行っているようだ。またデイケアといって利用者が共同で日常に寄り添い交流できる場を用意する取り組みも行っている。

今後の動向は

横浜だけでなく心の問題を抱える人や精神に不安定さに悩みを持っている人たちは多数存在していると思われる。周りが理解できる環境をつくっていくことがその改善策であると言えるのだが、その入り口の役目を果たすのが心療内科だと考える。したがって今後、心療内科はもっと身近にならなければいけないのではないだろうか。横浜では増加傾向であるようだが、その他の地方ではまだまだ行き届いてないのも現状である。そして心療内科の問題点のひとつとして対応できる医師の数が少ないことも挙げられる。一人の医師が一日に100人の診察を行っているところもあるようで、数が少ないのもあれば人気による格差も大きいと思う。そんなことから心療内科と医師の増加につながる取り組みが始まると予測したい。